2019年02月分 - 56 件
02/28 20:01
【忘】「そろそろご両親に挨拶をしたい」
02/28 12:20
【馬鹿野郎】「ずいぶん身綺麗にしてるようだけど」
02/27 20:40
【無】「あんなふうになったのは自分たちの責任だ」
02/27 12:30
【辞】話し合いすら出来ないのなら仕方ない
02/26 20:25
【\(^q^)/】「俺も行くよ!」
02/26 12:25
【ヽ(`Д´#)ノ】「許せん!」「俺がいなかったからだまされた!」「俺がついていたら」
02/25 20:05
【46】「若い子を集めた“女子”会に参加させろ」
02/25 12:05
【( ー`дー´)】「それなら50万でいいじゃん!」
02/24 20:10
【無効】「俺を騙した!俺の母を試そうとした!」
02/24 12:10
【大切な幼馴染】「僕にとって本当に大切な人で、ぜひ僕の晴れ姿を見てほしかった。」
02/23 20:40
【沸】「へー」「そう」
02/23 12:15
【安】「いらなくない?」
02/22 20:01
【(;゚Д゚))))】「なー、こえーだろー?」
02/22 12:15
【伝聞】「妻がそちらのせいで自殺した」
02/21 20:05
【(*´Д`)ハァハァ】「探したよ」
02/21 12:30
【Enemy】「ここまで来て拒否すんな!」
02/20 20:15
【(/_;)】「だからお願い!折れてくれないかな…?(泣)」
02/20 12:01
【彡】普通に付き合ってる時は普通だったのに
02/19 20:01
【絡】離婚しなきゃ夫が不幸だと思いこんでるみたい。
02/19 12:30
【嫌】「女性が椎茸を料理に使うなんておかしい」
02/18 20:15
【煽】はじめてドライブしたとき
02/18 12:01
【アカン】「元カノの作り方で作れ」
02/17 20:01
【裏山】姉がマウンティング女になってた
02/17 12:20
【ゴタゴタ】「止めろ。別の男とやれ。」
02/16 20:01
【Feeling】「楽しい話なんかじゃなかったでしょ!」
02/16 12:40
【隠】「代理人になってもらえないか」
02/15 20:30
【祓】知らないおじさんを連れてやって来た。
02/15 12:01
【的】何の前触れもなくバウムクーヘンが送られてきた。
02/14 20:01
【理】「なんで私には報告ないの」
02/14 12:30
【キチ】「次来るときは裁判沙汰になることくらい覚悟しろ!」
02/13 20:00
【自然体】「無理矢理嫌がるようなことをするのは無し」
02/13 12:20
O2-501 「どうして返事くれないの>< ボクタン悲しい(;;)」「どうして無視するの。ひどい...
02/12 20:01
【ヽ(`Д´)ノ】「社会人としてありえない!お前なんか要らない!」
02/12 12:35
【怪】「昔付き合った女は良い女だった」「なぜお前は元カノのように出来ない」
02/11 20:05
【(^q^)?】「悪い意味に取らないでくれ」
02/11 12:15
【支】手紙には私のことがたくさん書いてあった。
02/10 20:20
【妄】“もし恋人と別れていなかったら”
02/10 12:20
【(゚Д゚)ハィ?】「孫の顔を見たら優しい気持ちになれますよ」
02/09 20:01
【Σ(゚Д゚)】「病気の君を放り出す形になってごめんな」
02/09 12:30
【YEARS】「お久しぶりです。○君と付き合っていた旧姓●です」
02/08 20:10
【Σ(゚Д゚)】「残ってくれないか」
02/08 12:20
【縛】本当はそれは既に分かっていた事だけど…
02/07 20:01
【不足】「ここは俺が奢るよ」
02/07 12:20
【卒】「“お前”俺にバレンタインのチョコくれたよな」
02/06 20:01
【(^q^)?】「一緒にいれば『好き』ってことにならないの?」
02/06 12:01
【凹】「言ってくれてありがとう。これからもよろしくね」
02/05 20:01
【適当】「私って裏表ない人だから~」
02/05 12:15
【!?】でもさすがにね。
02/04 20:10
【Through】「あ、そういえば、私…」
02/04 12:01
【ナンカモウ】「迷ってる。どうしたらいいんだろう。あなただったらどうする?」
02/03 20:00
【オカワリ】『ラッキー!子ども作っちゃお!』
02/03 12:01
【酔】「アンタにわかるのかなー?(^^;)」
02/02 20:01
【(゚Д゚)ハァ?】「えっ別れるってこと?」
02/02 12:01
【(^_^)/~】「彼氏が戻ってこない」
02/01 20:01
【わざわざ】「無駄に拘ってアホちゃうん」
02/01 12:01
【ことある事に】「僅かな接点しかないのに何がわかるんだ」